FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
2009 / 05 / 31 ( Sun )
先日、病院に来ることは、ほぼ無いだろうという動物が病院に入院していました。夜十時ごろ先生が病院内で作業していると、なにやら人の気配、病院の外にいってみると、ダンボールにカラス一羽が入っており、そのまま立ち去ろうとする人がいたそうです。
動物病院では子猫の置き去りなどが多く(、病院にいる、サキチも病院前に置き去りにされていたのを保護されてこの病院ネコになりました。)先生の悩みの種でもあります。
そのカラスも危うく捨てカラスになるところでした。うずくまって元気も無いとのことで、とりあえずお預りすることになりました。
その翌日出勤した私達スタッフはとても驚いてしまいました。
逃げないようにしっかりつかまえて体重や、ケガの有無をたしかめたところ、ケガは無く、まだ、完全なおとなのカラスではなく、巣立ちまえの若いカラスらしく、飛び立つ練習をしているところを、病院に連れてこられたようです。
日頃イヌネコの扱いには慣れていますが、鳥類はほとんど病院に来ることもないので、おっかなびっくりでしたが、まじまじとカラスを見たことがなかったので、とてもいい体験でした。
カラスにとってはいい迷惑だったかもしれません。
カラスはその日の夜保護した人に、もとの場所にもどしてもらうようにお願いして、また、ダンボールに入れられて、帰っていきました。
皆さんはもし野生の動物を見かけた場合弱っていたりする場合を除いては、静かに様子を見守ってあげるようにしてくださいね。
スポンサーサイト
16 : 52 : 11 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。